Nippon Medical School ophthalmology website
image
image 外来案内 image 教室案内 image 入局案内 image 研究分野 image 研究業績 image 関連病院 image 学術集会主催
image
image 研究業績 TOPページへ
image
image
原著
綜説
著書
特別講演・その他
シンポジウム
一般講演
受賞
image
image
image
受賞 |2019-2010-2000 
2019
1. 五十嵐 勉

緑内障に対する脳由来神経栄養因子(BDNF)の発現と遺伝子治療法の開発

ノバルティス研究助成
2. 五十嵐 勉

緑内障における脳由来神経栄養因子(BDNF)の役割の解明と遺伝子治療の開発

日本アルコン株式会社研究助成
3. 五十嵐 勉

緑内障に対する遺伝子治療の研究

ファイザー株式会社研究助成
4. 久保田 大紀

GNAT1遺伝子変異を有する患者に小口病様変化を認めた一家系

第66回 日本臨床視覚電気生理学会 優秀発表賞
http://jscev.fujita-hu.ac.jp/shukai/index.html
5. 高橋和久

Improved Intravitreal AAV-Mediated Inner Retinal Gene Transduction after Surgical Internal Limiting Membrane Peeling in Cynomolgus Monkeys.

「若手研究奨励賞」日本医科大学准講会
雑誌 Molecular Therapy
  ページのトップへ
2018
1. 五十嵐勉

サル緑内障モデルに対する神経保護因子を用いた遺伝子治療

ノバルティス研究助成受賞
2. 五十嵐勉

緑内障における脳由来神経栄養因子(BDNF)の役割の解明と遺伝子治療の開発

日本アルコン株式会社研究助成受賞
3. 堀 純子

眼炎症を制御するための免疫チェックポイント分子の機能解析

日本アルコン研究助成
4. 堀 純子

眼炎症を制御するための免疫チェックポイント分子の機能解析

エーザイ医学と薬学の研究助成
5. 宮田康平、山崎将志、堀純子、鈴木久晴、高橋和久、小早川信一郎

TECNIS Symfony® OptiBlue 使用成績

第57回日本白内障学会総会/第44回水晶体研究会
優秀演題賞 金沢 2018年7月
  ページのトップへ
2017
1. Hisaharu Suzuki, Tsutomu Igarashi, Toshihiko Shiwa, Hiroshi Takahashi,

Observation of Anterior Chamber with a Slitlamp During Cataract Surgery

第35回ASCRS FILM FESTIVAL AWARDS、
Quality Teaching部門 Winner BEST OF THE BEST
2017ASCRS, 2017年5月8日
2. Hisaharu Suzuki, Tsutomu Igarashi, Toshihiko Shiwa, Hiroshi Takahashi,

Observation of Anterior Chamber with a Slitlamp During Cataract Surgery

30th APACRS FILM FESTIVAL
Grand Prize Winner
30th APACRS, 2017年6月2日
3. Hisaharu Suzuki, Tsutomu Igarashi, Toshihiko Shiwa, Hiroshi Takahashi.

Observation of Anterior Chamber with a Slitlamp During Cataract Surgery

The 42th ASCRS Scientific Film Award, Quality Teaching, Best of the Best Winner
アメリカ:ロサンゼルス
4. Hisaharu Suzuki, Tsutomu Igarashi, Toshihiko Shiwa, Hiroshi Takahashi.

Observation of Anterior Chamber with a Slitlamp During Cataract Surgery

30thAPACRS Film Festival, Grand Prize Winner
中国:杭州
5. Hisaharu Suzuki, Tsutomu Igarashi, Toshihiko Shiwa, Hiroshi Takahashi.

Observation of Anterior Chamber with a Slitlamp During Cataract Surgery

XXXV Congress of the ESCRS, Video Festival, Scientific category, 2nd Prize
ポルトガル:リスボン
6. 五十嵐勉

硝子体投与によるAAVベクターを用いた遺伝子治療における新規投与方法の開発

日本アルコン株式会社研究助成受賞
7. 鈴木久晴、増田洋一郎、白鳥宙、宮里佑未、中島大司、宮田康平、高橋浩

灌流ハイドレーションによる前房虚脱防止と切開創安定性の評価

第32回JSCRS学術総会
Best of JSCRS, Best of Cataract Surgery 九州
8. 鈴木久晴、増田洋一郎、高橋浩

灌流を用いたハイドレーションによる前房虚脱防止と自己閉鎖

第71回日本臨床眼科学会
Ophthalmic Surgery Film Award Technique・Complication Management部門1位 東京
9. 堀 純子

眼炎症を制御するための免疫チェックポイント分子の機能解析

日本アルコン研究助成
  ページのトップへ
2016
1. 五十嵐勉

緑内障に対する神経保護因子を用いた遺伝子治療

日本アルコン株式会社研究助成受賞
2. 五十嵐勉

サル緑内障モデルに対する神経保護因子を用いた遺伝子治療

公益財団法人 高齢者眼疾患研究財団 2016年度、研究助成受賞
3. 鈴木久晴、五十嵐勉、志和利彦、高橋浩

「匠」ビデオ:グランプリ 白内障手術後の角膜後面沈着物と温流

第31回JSCRS学術総会 2016.6
4. 堀 純子

眼炎症を制御するための免疫チェックポイント分子の機能解析

日本アルコン研究助成
  ページのトップへ
2015
1. 五十嵐勉

硝子体投与アプローチからの網膜色素変性の遺伝子治療

第19回日本網膜色素変性症協会(JRPS)研究助成
  ページのトップへ
2014
1. Hisaharu Suzuki, Tsutomu Igarashi, Toshihiko Shiwa, Hiroshi Takahashi

A temperature in corneal endothelium during phacoemulsification

Video Awards 2014, ESCRS, 2014,9,13-17 (ビデオ講演)(イギリス、ロンドン)
2. 國重智之

角膜移植の免疫応答におけるV-domain Ig suppressor of Tcell activation(VISTA)の役割

平成26年度丸山記念研究助成金 平成26年7月
3. 國重智之

平成26年度若手研究者奨励賞 平成26年9月
4. 谷口ヒロ子

平成26年度若手研究者奨励賞 平成26年9月
  ページのトップへ
2013
1. Hisaharu Suzuki, Tsutomu Igarashi, Toshihiko Shiwa, Hiroshi Takahashi

2013ASCRS、31st Film Festival Awards、Quality Teaching、Winner;
A temperature in anterior chamber during phacoemulsification

31st Film Festival Awards, ASCRS, 2013,4,22(ビデオ講演)(アメリカ、サンフランシスコ)
2. Hisaharu Suzuki, Tsutomu Igarashi, Toshihiko Shiwa, Hiroshi Takahashi,

A temperature in anterior chamber during phacoemulsification

Scientific部門、第1位 Video Awards 2013, ESCRS, 2013,10,6(ビデオ講演)(オランダ、アムステルダム)
3. 五十嵐勉

緑内障に対する神経保護因子を用いた遺伝子治療

日本医科大学医学会奨学賞  2013.9
4. 小野眞史 鈴木雅也、熊谷直也、高橋 浩

網膜色素変性症例における色調変化時の羞明および前頭葉賦活化

第67回日本臨床眼科学会学術展示優秀賞  2013.11
5. 亀谷修平、後町清子、菊地佐知子、加部東武徳、篠田啓、溝田淳、山木邦比古、高橋浩

OPA1遺伝子変異を持つ常染色体優性視神経萎縮6例(4家系)の補償光学眼底カメラによる解析

第61回 日本臨床視覚電気生理学会 優秀発表賞 2013.10
  ページのトップへ
2012
1. 國重智之 鈴木久晴 志和利彦 高橋浩

白内障手術中におけるオゾン水点眼の消毒効果

ベストポスター 第27回 JSCRS学術総会 2012年6月 東京
  ページのトップへ
2011
1. M.Shimmura

The Association for Research in Vision and Ophthalmology

平成23年5月 Core Verhagen Award受賞
2. M. Terada, H. Taniguchi, K. Maruyama, R. Abe, J. Hori.

Inhibitory role of ICOS on corneal lymphangiogenesis and involvement of Foxp3+CD4+T regulatory cells in secondary lymphoid organs.

ARVO International Travel Grant, ARVO 2011
  ページのトップへ
2010
1. H. Suzuki, K. Oki, T, Shiwa, H. Takahashi

Effect Of Bottle Height on corneal endothelium during phacoemulsification

ESCRS Paris 2010, 5 September 2010 (ビデオ講演):Vide Competition Young Ophthalmologists 2th 受賞
2. H. Taniguchi, Y. Kitahara, M. Oshima, H. Akiba, H. Yagita, M. Azuma, J. Hori.

Role of B7-H3/TLT-2 Pathway on Corneal Allograft Survival.

ARVO International Travel Grant, ARVO 2010
3. M. Tomita, M.C. Wang, H. Taniguchi, H. Takahashi, J. Shimazaki, H. Akiba, H. Yagita, J. Hori.

Tim-3/Galectin-9 Pathway-mediated Protection Of Corneal Endothelial Cells From Killing By Allo-reactive-T Cells.

Cora Verhagen 2nd Prize, ARVO 2010
4. 鈴木久晴、志和利彦、高橋 浩

半円式CCCマーカーによる水晶体へのマーキング

第64回日本臨床眼科学会 平成22年11月(一般口演): 座長賞 受賞
  ページのトップへ
2008
1. 谷口ヒロ子、堀純子、王明聡、北原由紀、高橋浩(日本医大眼科)大島正道(国立感染研免疫)、八木田秀雄(順天堂免疫):

眼局所の免疫応答におけるB7-H3の役割

学術展示優秀賞、第112回日本眼科学会、2008年4月
  ページのトップへ
2007
1. 堀純子:

日本女性科学者の会第12回奨励賞、
眼組織の移植と再生における免疫学的研究、

平成19年6月16日
2. 堀純子:

免疫特権に関与する新規B7 ファミリー分子の機能解析

第75回日本医科大学医学会総会、平成18年度丸山記念研究助成金受賞記念講演(2007.9.1)
  ページのトップへ
2006
1. 鈴木久晴、高橋浩、堀純子、平岡美紀、志和利彦:

ベストペーパー賞.
ペンタカムでみた白内障手術前後の角膜厚と体積の変化、

第29回日本眼科手術学会、東京、
平成18年1月26日
2. 堀純子:

日本眼炎症学会学術奨励賞、
「眼関連組織(角膜、網膜、神経幹細胞)の移植における免疫特権の解析」

第40回日本眼炎症学会
平成18年7月8日
  ページのトップへ
2005
1. 北原由紀、堀純子、宮下恵、高橋浩、柿沼健一、桜川宣男:

ヒト羊膜間葉細胞の網膜下移植による網膜再生の可能性、
学術展示優秀賞、

第109回日本眼科学会、
平成17年4月
2. 堀純子:

学術奨励賞受賞記念講演.
角膜移植の免疫特権-拒絶を回避する角膜組織の開発.

第28回角膜カンファランス、徳島、
平成17年2月17日(抄録集P. 28)
  ページのトップへ
2002
1. Akahoshi T:

Acrysof IOL implantation:
20.000 cases.

ASCRS:
2002 June 4: Philadelphia
2. Igarashi T, Miyake K, Kato M, Hayakawa J, Ishizaki M, Takahashi H, Ohara K, Shimada T:

Bone marrow cells differentiated into neuron and glia in the mouse retina.

ISER:
2002 Oct. 7: Switzerland, (ISER travel fellowship)
3. Igarashi T, Miyake K, Kato M, Kato K, Suzuki N, Ishizaki M, Takahashi H, Ohara K, Shimada T:

HIV vector mediated expression of angiostatin efficirntly inhibits neovascularization in a murine proliferative retinopathy model.

ARVO:
2002 May 5: Florida,(ARVO travel fellowship grant)
  ページのトップへ
2000
1. Junko Hori.

Cora Verhagen Prize,
「Fate of donor cells and replacement by recipient cells after corneal transplantation in mice.」

Association for research in vision and ophthalmology
2000.May
  ページのトップへ
1999
1. J Hori, N Joyce, JW Streilein.

Young invetigator award、
「Corneal endothelium via CD95 ligand prevents rejection of heterotopic corneal allografts by interfering with both induction (afferent) and expression (efferent) of alloimmunity.

VIth Basic Sciences Symposium of The Transplantaion Society
1999.Aug.
  ページのトップへ