Nippon Medical School ophthalmology website
image
image 外来案内 image 教室案内 image 入局案内 image 研究分野 image 研究業績 image 関連病院 image 学術集会主催
image
image 研究分野 TOPページへ
image
image
角膜
眼免疫
水晶体
糖尿病網膜症
網膜脈絡膜血管新生
網膜剥離黄斑疾患
手術教育
遺伝子治療
 
image
水晶体
 水晶体上皮細胞の培養と、水晶体上皮細胞由来サイトカインの定量
  白内障手術時には通常、水晶体嚢を残しその中に人工眼内レンズを挿入します。その際に水晶体前嚢下に残存した水晶体上皮細胞と眼内レンズが接触することや、緑内障罹患症例において術後に緑内障点眼薬を使用することなどが、水晶体上皮細胞からサイトカインなどの炎症性物質を産生させ、術後炎症を増悪させる原因の一つとなると考えられています。
そこで、基礎的な面から水晶体上皮細胞の炎症反応を調べる目的で実験を行っております。
実験の内容は不死化遺伝子導入ヒト水晶体上皮細胞の培養を行い、培養液中に緑内障治療薬やその防腐剤を添加し、培養液中に産生されてくる各種サイトカインを定量することで、緑内障治療薬やその防腐剤が水晶体上皮細胞に与える影響について調べています。