外来案内

網膜硝子体外来

緑内障外来

緑内障には、いくつかのタイプがあり、そのタイプに応じてそれぞれ治療法が異なります。当外来では、緑内障診断を正確におこない、さらに、患者様一人一人に応じた最良の治療を心がけています。
以下に緑内障のタイプと当外来で行っている治療を紹介します。

原発開放隅角緑内障・正常眼圧緑内障

薬物治療を中心に行い、視野障害が進行する場合は、必要に応じて治療中の眼圧日内変動を測定し、手術適応があればマイトマイシンC併用線維柱帯切除術や低侵襲緑内障手術(micro invasive glaucoma surgery = MIGS)などの手術療法を行っています。
また、レーザー線維柱帯形成術も、適応と考えられる場合は施行しています。

原発閉塞隅角緑内障

薬物治療の前に超音波生体顕微鏡検査を行い、相対的瞳孔ブロックに対してはレーザー虹彩切開術を施行し、また、プラトー虹彩緑内障に対してはレーザー隅角形成術を施行しています。適応のある場合は、水晶体再建術や隅角癒着解離術も行っています。

続発緑内障

原疾患に対する治療をそれぞれの専門外来と連携して進めるのと併行し、必要に応じて緑内障治療を行っています。

担当医 中元、白鳥、高野、
中野、飛田、西尾、他
診察日 月曜日 午後/
金曜日 午前・午後

ページトップへ戻る ページトップへ戻る