外来案内

眼の形成外科外来

眼の形成外科外来

特色

眼瞼(まぶた)、眼窩(眼球の入っているくぼみ)などに関する診療を行っています。 眼瞼下垂、逆さ睫毛、顔面神経麻痺、眼瞼痙攣、腫瘍などが主な対象疾患です。この部位は、人間の体の中で最も目立つところであり、一人ひとりのご希望も異なります。そのため、できるだけご本人のご希望に添えるよう、時間をかけた診療、丁寧な手術を行っています。また、眼窩疾患や腫瘍では、生命にかかわる場合もあり、素早い対応をしなくてはなりません。

治療

  • 初診される場合は、以下のものをご用意していただけると診療がスムーズになります。

    1. 顔写真:症状が発生する前の学生証、運転免許証など、正面で撮影されたもの。症状が出たり消えたりする場合は発生時のもの(スマホ写真が便利)。乳幼児の場合では目が覚めているときの写真(診察時に寝ていることが多い)。
    2. 他院で眼瞼・眼窩手術を受けられている場合は、その手術記録。
    3. 内科など他のご病気をお持ちの時は、その状態が分かる書類(診療情報提供書、糖尿病手帳など)。
  • 緊急時など、午前中に来院される場合は、事前に眼科外来にご一報していただければ、早めに診療を開始できます。
  • 眼窩疾患や腫瘍などでは、同日にCT、血液検査あるいは生検(組織の一部をとって顕微鏡検査をする)などを行うことがあります。時間に余裕をもってご来院ください。ご家族の同伴をお勧めします。
  • 乳幼児の場合、診察の2時間からは絶飲食しておいてください(緊急処置の場合、泣いて吐き、誤嚥する危険があるためです)。
担当医 根本
診察日 木曜日 午後

ページトップへ戻る ページトップへ戻る