外来案内

斜視弱視外来

斜視弱視外来

斜視とは眼の位置の異常で、外斜視・内斜視の他にも様々な病態がある病気です。弱視とは眼球の構造に異常がないにもかかわらず視力の発達が障害され視力が出ない状態で、低年齢のうちになんらかの治療をしないと、正常な視力の成長が止まり、将来視力が不良となる病気です。これはメガネやコンタクトレンズを使っても視力の出ない状態です。
斜視弱視の患者は子供が中心となりますが、近年ではスマホなどIT機器の使いすぎによる働き盛りの方、またある程度高齢になってから眼の位置の異常に気付く場合もあります。斜視弱視外来では、ある程度の年齢にならないと視力等の必要な検査がうまく出来ないこともあり、午後の特殊外来で十分な時間をかけて視能訓練や、眼位検査・眼球運動検査・両眼視機能検査等を施行し診療にあたっております。
特殊眼鏡手術適応のある場合も当院にての手術が可能です。

担当医 小野
視能
訓練士
鮫島、西村、藤森、
井上、小野、吉岡、鈴木
診察日 火曜日(隔週) 午後

ページトップへ戻る ページトップへ戻る