外来案内

眼瞼痙攣外来

眼瞼痙攣外来

眼瞼痙攣、(けいれん)は、まばたきのコントロールがうまくいかず、眼をうまく開いたり閉じたりできなくなる原因不明の疾患です。眼瞼痙攣は、特に羞明(しゅうめい:まぶしさ)が強く、眼が開きにくく、中高年の女性に多く、ドライアイと間違えられることも多い疾患です。必要に応じ頭の画像診断、神経内科へ相談しながら、ボツリヌス毒素の注射を主体として、内服の治療、まぶしさを抑えるためのメガネ、形成美容外科との共同で顔面に特殊テープを貼るなど、症状に応じ組み合わせた治療を行います。原因は異なりますが、この眼瞼痙攣と類似した顔の片方の筋肉が痙攣する片側顔面痙攣の診療も行っています。

担当医 小野
診察日 月曜日(隔週) 午後

ページトップへ戻る ページトップへ戻る